【レビュー】ANKER PowerCoreFusion5000

ガジェット

今回ご紹介するのは、コンセントとモバイルバッテリーのいいところを兼ね備えたこの商品ANKER PowerCoreFusion5000。
モバイルバッテリーは欲しいけど、わざわざモバイルバッテリー自体を充電するのは面倒といった方におすすめです。

ぱそ
ぱそ

あースマホの充電無くなったー。

でも、歩きたくなーい、充電ケーブルもなーい。

みつお充電してー。

みつお
みつお

怠惰の化身よ歩きたまへ。

冗談はさておき、どこでも充電できるこの充電器を使ってみてよ!

ぱそ
ぱそ

なにこれ、モバイルバッテリー?
けど、プラグがついてる?

ANKER Power Core Fusion 5000

今回紹介するのは、みつおが愛用しているANKER製モバイルバッテリーPower Core Fusion 5000です。

引用元:ANKER Japan 公式HP


この商品の特徴はなんと言ってもプラグの存在。
プラグをコンセントに挿しながら充電をすることが可能なのです。
なので、モバイルバッテリーを充電し忘れてても安心です!

みつお
みつお

スマホ依存症なので、すぐ充電がなくなります。
これがない生活なんて考えられないよ!

特徴

外見

「側面及びソケット」画像撮影者:みつお


四角形ですが、角が少し丸みを帯びています。
側面にはUSBケーブルソケットが2箇所、それとタイプAケーブルソケットがついています。
反対側にはコンセントプラグが収納されています。
広い面にはANKERの文字とスイッチボタン、それと充電の残量が見てわかるランプがついています。

大きさは手のひらサイズで少し重みがあります。

性能

サイズ
約72 x 70 x 31mm
重さ
約189g
入力
【AC使用時】5V=2A
【Micro USB使用時】5V=2.1A
出力
【AC使用時】5V=2.1A (最大合計x2.1A) 【バッテリー使用時】5V=3A (最大合計3A)
パッケージ内容
Anker PowerCore Fusion 5000、Micro USBケーブル、トラベルポーチ、18ヶ月保証 + 6ヶ月 (Anker会員登録後) 、取扱説明書

引用元:ANKER Innovations JAPAN公式HP

サイズは大体、掌サイズくらいです。
おしゃれな保管用の黒いメッシュのポーチが付属しているので、持ち運びの時には重宝しています。

「付属のメッシュポーチ」画像撮影者:みつお
「使用時 iPhone8との比較」画像撮影者:みつお

充電速度について

性能についてAやVの単位で書かれていますが、大切なのは実際に使ってみてどうなのかという点。
以下の点が注目ポイントになります!

フルスピード充電技術
Anker独自技術のPowerIQとVoltageBoostにより、スマートフォンを始め、タブレット端末、GPS搭載機器、ゲーム機やその他USB接続機器へのフルスピード充電を実現します。

高い互換性
Anker独自技術のPowerIQとVoltageBoostにより、あらゆるUSB機器にフルスピード充電が可能です。(Qualcomm Quick Chargeは搭載しておりません

引用元:ANKER Innovations JAPAN公式HP

つまり、充電対象の規格に合わせて充電の最適量を判断して、最速で充電できるようにしてくれます。

ぱんだ
ぱんだ

単純に純正のコンセントからの充電器とこの商品、

どちらの方が早く充電できるか検証してみたよ!

結果、純正の充電アダプタよりも充電速度は早かったです。
IPhone8で試してみたところ、0%から100%への充電で、
モバイルバッテリー:2時間15分
純正アダプタ   :3時間

45分も短かったのでかなり早いなと感じましたね!
※充電する端末のバッテリーの状態で前後すると思います。

充電スピードが早く、サクサク充電できる。


私はせっかちなもので、大体30分くらいしか充電しません。
それだけ短時間でも充電が20%から60%位になります。

また、2つ同時に充電できることができます。
私は普段スマホゲームをするのですが、iPhoneへの負荷が強く発熱するため、ゲーム用ファンを併用しています。

「スマホクーラー作動時の様子」画像撮影者:みつお
「ゲーム時の様子」画像撮影者:みつお

コンセントに刺さなくてもキチンと充電してくれており、ファンも稼働しています。
ですが、2つのソケットから充電をすれば当然消費量も大きくなるので、充電の減りが早いです。
2口使用する場合はコンセントに繋ぐことをおすすめします。

蓄電量について

商品名の最後に書かれている5,000これが5,000mAhを表しています。
5,000mAhがどのくらいかというと、IPhoneを0%から100%まで1回充電できるくらいの量になります。

現在は、10,000mAhやそれ以上の容量のモバイルバッテリーも発売されていますから、決して容量が大きいとは言えません。

5,000mAhと容量が小さい

比較

実は最近のモバイルバッテリーはプラグ付きのものが多く発売されています。
他のメーカーからも同じような形のものが出ていますので、比較してみます。

1 RAVPower『モバイルバッテリー(RP-PB125)』

画像引用元:RAVPower公式HP


容量は6,700mAhと少し多いです。
ただ、速度はIPhone接続時1.1AとANKERの方が少し早いです。
価格が定価3,500円となっています。

2 ELECOM『モバイルバッテリー 10000mAh(DE-AC04-10000)』

画像引用元:ELECOM公式HP


容量は倍の10,000mAhと大容量。
IPhoneなら2回充電できます。
充電速度も速いですが、価格が12,991円(税込)

3 OMKUY『モバイルバッテリー 15000mAh 』
 

画像引用元:OMKUY公式HP

なんと、容量は3倍の15,000mAh!
さらにソケットはタイプAとCがある他、もう1つずつ、タイプAとCのケーブルを内蔵しています。
なので、最大4つ同時に充電できます。
色々なものを同時に充電したい人には良いかもしれません。
価格はCoreFusion5000と比較して4,880円と少し高いです。


4 ANKER『PowerCoreFusion 10000

画像引用元:ANKER Japan公式HP

このページで紹介しているPowerCoreFusion5000の後継機です。
変化している点は、ソケットの一つがタイプCになっている点と充電量が10,000mAhになっている点です。
性能が上がっている分、価格も4,790円と少し高くなっています。

まとめ

お、新しいのがあるんならこっちの方がいいんじゃないか!
当然、そう思う人の方が多いと思います。
ただ、私はそれでもANKER PowerCoreFusion5000を選びました。

理由は、私が以下の要素を優先してプラグ付きモバイルバッテリーに望んでいるからです。

  1. 急速充電が可能
  2. 価格が安いもの
  3. タイプCではないソケットが2口あること

これらの私の望むものを全て兼ね備えていたのがこのPowerCoreFusion5000でした。

何を優先するかはその人次第ですが、私は特に「急速充電」「コスパ」を優先しています。
10,000mAhあれば2、3回充電可能!なんて言いますが、ぶっちゃけ、一日に2回も充電しません。
外出していたとしても、1日に一度はコンセントから充電する機会は必ずあると思います。
充電頻度の低さを考えると、充電量よりも充電速度の方を私は重視しています

そして、コストパフォーマンス。
電子機器なので、いつかは壊れてしまいます。
買い換える物であるなら、なるべく安いものがいいなと思っています。
安いから悪い、高いからいいのではなく、価格に見合う価値があれば問題ないのです。

比較した商品はいずれもPowerCoreFusion5000と比較しても遜色ないどころか性能が断然良いものもあります。
ですが、人によって使っているスマホやタブレットや生活環境は違うため、充電量が必要であったり、タイプCケーブルに対応してなくてはダメなど、優先事項は変わってきます。

結局、その人がモバイルバッテリーに何を求めるかで選ばれるものは違ってくる。


それでも、もし私と同じ点を重視している方であれば、2021年7月現在でもおすすめできる商品だと思います。

急速充電器 Anker PowerCore Fusion 5000 (5000mAh モバイルバッテリー USB急速充電器 ACアダプター)iPhone / iPad / Xperia / Android他スマホ対応【急速充電技術PowerIQ搭載 / 折畳式プラグ搭載 / PSE認証済】 3A出力

価格:3,099円
(2021/9/26 18:16時点)
感想(1073件)

みつお
みつお

まあ、タイプCケーブルを多用するようになったら買い換えるけどね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました