【レビュー】DODヘーキサタープの真下で焚き火をしてみた。

アウトドア

キャンプを始めるにあたって一番最初に購入した商品がこのDODのヘーキサタープ。
かっこよし!性能よし!コスパよし!のこの商品の魅力を実際に使用してみた感想とともに皆さんにお伝えしていきます。

画像引用元:DOD公式HP
みつお
みつお

キャンプのギア紹介の始まりだあああ!

ぱそ
ぱそ

ミーハー代表が伝えて行くうううう!

タープについて

初めてのキャンプギア

大きさ、形状、素材などタープのタの字も知らなかった私ですが、初心者ながらにキャンプに憧れを持っていました。
それはタープの下で焚き火をすること!
キャンプを始めようと思い立ち、勢いでアウトドアショップに特攻。
良さげなタープを手に取り、店員さんにおそるおそる聞いてみました!

みつお
みつお

このタープの下で焚き火をしたいんですけど。

ぱんだ
店員さん

むりぽ。それめっちゃ燃えるよ。

撤退!撤退じゃ!
基礎知識も何もない状態で特攻するのは無謀でした。
その時私が選んでいたのは、ポリエステル100%。

今になって考えると、そりゃよく燃えますよね。
恥ずかしくなり、その日は何も買わず撤収。
ぱそとふたりでしばらく基礎知識をつけることに。

ちなみに、ぱそはパンダが好きすぎるあまり、名前の響きだけでパンダタープをめっちゃ推してました(ナイロン製)
簡単な分け方ですが、以下のように分けられます。

燃えやすい素材
 ポリエステルやナイロン製
燃えにくい素材
 コットンやポリコットン(T/C)製

基礎知識を付けたところで、改めてどのタープを買うか再検討。
タープ以外にもテント、焚き火台、棚、椅子など買わなくてはならないものはたくさんあります。
なので、ポリコットン製で、できるだけ安いものということを第一に考えることに。

しかし、困ったもので店頭に並んでいるポリコットン製のタープはいずれも20000〜40000円と高額でした。
タープだけに20000円も出せないということで、泣く泣く撤退(2回目)。

ヘーキサタープに一目惚れ

アウトドアブランドについては私たちは無知に等しく、できれば実際に現物を見ることのできる店頭のタープをお店で買いたいと考えていました。
しかし、実際は気になるタープを広げて見られない…

箱に書かれた写真でしか判断できないため、ネットで注文するのも大差ないことに気がつきました。


インターネットで調べているうちにDODというブランドを発見。
おしゃれなキャンプギアをたくさん扱っていますが、なんといっても安い。
タープの名前もヘーキサタープというだけあって、形状のヘキサタープと火の粉もヘーキさと意味を掛けているとのこと。

値段は14,980円
店頭の商品のどれよりも安く、性能も申し分なし。
すぐに注文しました。
この時はここからDODにどっぷりはまっていくとはまだ知らないまま…

ぱそ
ぱそ

そもそもコミュ障の我々に店員さんに聞くっていうのはハードルが高すぎたんや…

スペック

画像引用元:DOD公式HP

使用してみた

必要なもの
キャンプで使用するにあたって購入したものがいくつかあります。

1 ポール×2本
2 ペグ×8本


これらは設営に必須になりますので、別途購入が必要になります
私が買ったものは以下のとおり。

「BIGポール×2 ペグたち」画像撮影者:みつお


せっかくDODのタープを購入したので、ポールもDODに併せることに。
ポールといっても長さや太さや色などたくさんの種類があります。

気をつけなくてはならないのが、ヘーキサタープの素材がポリコットンのため、ポリエステルの素材のタープよりもかなり重いです。
なので、支えるポールが細く耐久性が低いと内側にしなってしまい、ピンと張れないばかりか、変形して使えなくなってしまう可能性もあります。
なので、メイン支柱となるポールについては経口が広いものを使用するのが良いです!

私たちが選んだポールはアルミ厚1.4mm直径28mmとかなり太く、しっかりとタープを支えてくれます。
ちなみに、私たちはスペースを広く使うために、もう2本細いサブポールを使用しています。

「お得な2本入サブポール」画像撮影者:みつお


このサブポールにはあまり負荷がかからないため細くても問題ありません。
ポールが2本増えるだけで作れる形がたくさん増えるので、次のキャンプの楽しみが増えます。

メインポールとサブポールを比較すると、こんな感じです。

「ポール比較」画像撮影者:みつお
ぱそ
ぱそ

太さが全然違う!

太さが違いますが、同じメーカーだと締まって見えますね!

次にペグ
これはホームセンターで手頃なものを買ってきました。
鍛造ペグが最強らしいですが、試される大地に行く訳でもないので、ひとまずこの程度で。
結果からすると十分でした。
ある程度の強度と長さがあれば問題なく使用できます。

使用した様子

レイアウト

実際の設営の様子とアレンジをお伝えしていきます。
タープを手に取るのが初めてだったということもあり、設営に少し手間取ってしまいましたが、綺麗に貼ることができたと思います。

晴れの日はこんな感じで使用しています。
サブポールを使い高さを出すことで、スペースを広く使うことができます。

「設営例1」画像撮影者:みつお

雨の日はこんな感じです。
メインポールは風に煽られないように一段下げています。
サブポールも片方を一段下げることで雨がタープにたまらないようにしています。

「設営例2」画像撮影者:みつお

なお、この日は一日雨でしたが、裏側に浸水することなく全て流れていました。
翌日の撤収の際にタオルで水気を取って、自宅で乾燥させることで、使用前と同じ状態にできました。

焚き火の下で使ってみた

実際にヘーキサタープの真下で焚き火をしてみました。
火をしっかりと育て上げ、4時間ぐらい燃やしっぱなしでしたが、穴は一つも空いていませんでした。
無論、直接火を当てれば焦げたりするのでしょうが、ポールである程度高さを出してあげれば全く問題ありませんでした。

「タープの下で焚き火」画像撮影者:みつお

まとめ

キャンプを始めるにあたって一番最初に購入した商品がこのDODのヘーキサタープ。
かっこよし!性能よし!コスパよし!のこの商品の魅力をお伝えしてきました。
是非皆さんもこのタープの下で焚き火をして、インスタ映えする写真を撮っちゃいましょう!

みつお
みつお

最初に買ったキャンプギアがこれで本当によかった!

ぱそ
ぱそ

この時点でキャンプ沼に足を踏み入れたことに気が付かないみつおであった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました