実は男性の方が肌荒れしやすい!?今こそ、正しいスキンケアを!!

Beauty

男性の皆さん!
肌荒れに困っていませんか?
この長引くマスク生活で、肌荒れに悩んでいる男性が急増しています!

これは、マスクをすることによって、肌への摩擦が増えただけではなく、蒸れによって肌バリア機能が乱れているからなんです!

今まで「スキンケア」をしていなくて問題がなかった方も、マスクをすることによって「肌荒れ」する方が増えています。
この機会に、正しい「スキンケア」の知識を身につけて、「肌荒れ」のない綺麗な肌を目指してみませんか?

ぱそ
ぱそ

みつおもかなり肌荒れやばいよね。

みつお
みつお

そうなんだよ〜。マスクしない時は大丈夫だったのに…。

ぱそ
ぱそ

調べてみたら、実は「男性×マスク」って相性最悪みたい…。

男性こそスキンケアをすべきなのは、なぜ?

男性の肌は「肌荒れ」を起こしやすい

「男性の肌は、女性の肌より強い!だからスキンケアとか必要ない」と思ってはいませんか?

しかし、これは大きな間違いだったのです!

個人差はありますが、女性の肌と比べて男性の肌は、

・水分の蒸発する量が2倍以上多い
・肌の水分量が1/2以下 
・肌をバリアする機能が低い(角層の細胞面積が約10%小さい)
・皮脂量が約3倍と圧倒的に多い

(参考:株式会社 ポーラ・オルビス ホールディングス、「ポーラ化成が男性の肌を徹底調査」

という特徴があります。

つまり男性の肌は、「肌のバリア機能」が女性の肌に比べて低く、「肌荒れ」を引き起こしやすい状態にあるのです!

そう! 男性の肌は全然、強くなかったのです…。
これは、かなり衝撃的な事実ですよね?

さらに!

男性の身だしなみである「ひげそり」
ほとんどの男性が、毎日行なっている行動だと思います。

この「ひげそり」をすることで、「ひげ」と一緒に「肌の表面」も傷つけてしまっているのです!

男性の肌は元々、水分を保つ力が低いです。
それにもかかわらず、「ひげそり」により肌の表面が傷つくことで、肌の水分はさらに失われていっているのです…!

本来、肌バリア機能には2つの役割があります。

①大気中の有害物質など、外からの刺激から肌を守ること
②体内からの水分蒸発を防ぐこと

この「肌バリア機能」は、皮膚表面にある「角質層」にうるおい成分が、充分に保たれていることで、きちんと機能することができます。

「ひげそり」によって、肌の表面(角質層)が傷つくと、体内の水分が蒸発しやすくなり、肌の水分量も低下してしまいます。
こうして水分量が低下し、肌のうるおい成分が不足すると、大気中の有害物質(ホコリや細菌)などの影響から、肌を守れなくなってしまうのです!

なので肌の水分を保つ力が弱い上に、ひげそりなどで肌に刺激を与えがちな、男性こそ!
肌バリア機能をしっかりと機能させるために、
正しい保湿スキンケア」を行う必要があるのです!

みつお
みつお

男性の方が肌荒れしやすいなんて全然知らなかった!
そもそもスキンケアの必要性もあんまり感じたことなかったし…。

なぜスキンケアをしない男性が多いのか?

  • 「男性の肌は、意外と強くない」
  • 「ひげそりの習慣により、女性よりも肌荒れを引き起こしやすい状況にある」

ということは、理解していただけたと思いますが、それにもかかわらず、スキンケアを行わない男性が多いのはなぜでしょうか?

その原因は、分泌される「皮脂量」の多さにあります。

先ほどお伝えしたように、男性の肌が「皮脂」を分泌する量は、女性の約3倍!!
そのため、肌が脂っぽく感じて、肌が乾燥しているという自覚があまりなく、「そのままでも大丈夫」と思ってしまいがちです。

また、男性の中には「男がスキンケアなんて…」と思っている方もいらっしゃるかもしれませんね。

また、「俺はスキンケアしてるぞ!」という方でも、

「洗顔はスクラブ入りのものでしっかり、ガシガシ洗っている」
「化粧水は一応してるけど、脂っぽくなるから保湿はしない」

というスキンケアを行なっている男性も、多いかと思います。

「だけど、そのやり方、むしろ肌を脂っぽくさせてますよ!」

と、私は声を大にして言いたいです。笑

「肌バリア機能」がきちんと機能するためには、「うるおい成分」が充分に保たれている必要があります。
この「うるおい成分」は「皮脂」と「水分」のバランスがとっても大切なのです!

そのため、皮脂が気になるからと言って、さっぱりとさせるために、皮脂を取りすぎてしまうと、次のような悪循環になってしまいます…!

洗浄力が強い洗顔でしっかりと洗う

     ⬇︎

肌表面が傷ついたり、皮脂が失われすぎてしまう

     ⬇︎

肌バリア機能が低下し、水分が蒸発

     ⬇︎

肌のうるおい成分が足りなくなる

     ⬇︎

肌を守るために過剰に皮脂を分泌

     ⬇︎

脂っぽいテカテカした顔に

このテカテカ地獄に心当たりのある、そこのあなた!

悪循環にハマらないためにも、「正しい保湿スキンケア」を一緒に学んでいきましょう♪

ぱそ
ぱそ

みつおもテカテカ地獄にハマっていたみたいだね。

みつお
みつお

テカテカ地獄は嫌だ!!
抜け出すためにはどうしたらいいんだ〜!?

「マスク」が肌荒れを引き起こす理由

ちょっと! 早く「正しい保湿スキンケア」の方法教えてよ!

という方も多いと思いますが、その前に…
「なぜ、マスクをすると肌荒れするの?」と不思議に思いませんか?

事実、私も、
「マスクをすれば、大気中の有害物質から肌を守れるし、呼吸でマスクの中に湿度があるから、保湿できる!むしろ肌に良さそう!」
と思っていました。

しかし、長時間マスクをすることで、「肌荒れ」を起こす人が多いのです。
その原因は、「肌への摩擦」と「湿度の急激な変化」にありました。

肌への摩擦

まず、マスクの「肌への摩擦」についてです。

私たちは、普段あまり意識していませんが、実はマスクを着けたり、外したり、ズラしたりすることで、肌への摩擦が起きています!
また、マスクをしたまま、会話をすることも多いと思いますが、この時も肌への摩擦が起きています。

マスクと肌が「摩擦」することによって、肌の表面が傷つき、角質層がはがれやすくなってしまいます。
そうなると、「肌バリア機能」が低下し、肌の水分が蒸発しやすい状態になってしまいます。

そのため、外からのダメージを受けやすくなってしまうのです!

想像してみてください…。
保湿スキンケアせず、カサカサの肌、ひげそりで傷ついた肌に、マスクがこすれて刺激を与えているのです…。

傷口に塩を塗っているどころの話ではないですね!

それは、肌荒れもしちゃいますよね…。

湿度の急激な変化

また、「湿度の急激な変化」も肌荒れを起こす大きな原因です。

マスクをすると、自分自身の呼吸によって、マスクの中の「湿度」が、かなり高くなります。
そのため、ニキビの原因にもなる「雑菌」が繁殖しやすい環境になってしまいます。

また、マスクをしている状態の肌は、異常なほど多い湿度に包まれていることになります。
「肌バリア機能」が機能するための、最適な水分量よりも、多すぎる水分が与えられている状態になっているのです。

マスクをしてる時、特に気温が高くなってくると、ムレが気になってきますよね…。
それで、マスクを外すと、すごい開放感があって、超気持ちいいですよね!
空気とか、こんなに美味しかったけ?って毎回思います!
(私だけでしょうか…?笑)

しかし顔の皮膚は、他の部分の皮膚より薄いので、かなりデリケートです。

マスクを外すことによって、肌は急激な変化に耐えることができず、マスクを付けていて増えた水分が、一気に蒸発してしまい、肌は乾燥状態になってしまうのです!

そして、急に乾燥状態になった肌を守るため、皮脂がたくさん分泌され、マスクを外した私たちの顔は、皮脂でテカテカ。
だからこそ、乾燥していたことに全く気づかないのです…。

このように、何度もマスクを着けたり、外したりを繰り返すことで、肌の水分量・皮脂量が大きく乱れます。

「肌バリア機能」は、こうして「水分」と「皮脂」のバランスを失い、機能が低下し、「肌荒れ」を引き起こしてしまうのです!

みつお
みつお

なんと!ここでもテカテカ地獄に…。
だから保湿スキンケアが大切なんだね!!

男性の正しいスキンケア 3ステップ

「肌荒れ」をなくすためには、毎日の「保湿スキンケア」が大切です。

基本的に行わなければいけないことは、たったの3つです。

STEP.1 洗顔
STEP.2 化粧水
STEP.3 乳液

ただ、最初はどうしても、めんどくさいと感じてしまうかもしれません。

しかし「肌は、最短28日で生まれ変わる」と言われています。

毎日、朝と夜にきちんと正しい「保湿スキンケア」を行えば、1ヶ月後には「肌荒れ」のない綺麗な肌が手に入ります!

とりあえず、1ヶ月間だけ本気で頑張ってみましょう!!

STEP.1 洗顔

【目的】肌の汚れを落とすこと

肌には、目には見えない、小さなホコリや細菌などが、たくさんくっついています。

これをしっかりと取り除かないと、マスクをした時、マスクの中で細菌を育てることになってしまいます。

(想像するだけで恐ろしいですね…!)

また余分な皮脂も、洗顔をすることで取り除くことができます。

①手を洗う 

顔を触る前に、まず手を清潔にしましょう!
手にもたくさんの汚れがついています。
そのまま顔に触れるということは、細菌を手から顔へ移植しているのと一緒です!

②ぬるま湯で顔をすすぐ

お湯の温度が高すぎると、刺激が強いため、皮脂の取りすぎにつながります。
また、冷水の場合は、毛穴がキュッと閉じてしまうため、汚れを充分に取り除くことができません。
必ず、ぬるま湯を使いましょう!

③洗顔料を泡立てる

手にとった洗顔料を、そのまま顔につける人がいますが、これは絶対NG‼︎
「手」や「泡立てネット」を使って、しっかりフワフワに泡立てましょう♪
泡のキメが細かいほど、泡が毛穴に入りこむことができ、しっかりと汚れを取り除くことができます!

④泡で顔を優しく洗う

直接手で肌に触れるのではなく、手で泡を転がすようにして、顔を洗います。
角質層を傷つけないよう、優しく洗うことが大切です!
ゴシゴシやるのは気持ちいいけれど、我慢しましょう。

⑤泡をすすぎ、タオルで水気をとる

ぬるま湯で、しっかりと泡を流しましょう。
また、必ず清潔なタオルを使用して、水気をとります。
ティッシュペーパーを使って拭くのもオススメです!

(タオルが汚いと、せっかく取り除いた汚れを肌に戻しているのと同じですよ…)

水気をとる時も、肌をこするのではなく、上からポンポンと優しく拭きとるようにしてください♪

あ、ちょっとめんどくさいなって思いませんでしたか?

しかし、実はこの「洗顔」が3つのステップの中で一番大切なのです!

ポイントは

  • しっかりと、泡で毛穴の中まで汚れを取り除く
  • 肌を傷つけないように、泡を転がすように優しく洗う

ことです。

男性用の洗顔料は、洗浄力がとても強かったり、スクラブ入りのものが多いです。

しかし「肌荒れ」が起きている時に、これらを使用すると、皮脂を取りすぎてしまったり、スクラブで角質層を傷つけてしまい、悪化させてしまう場合があります。

「肌荒れ」を治すという目的のときは、できるだけ肌に優しいものを使うことをオススメします。

また「薬用」の洗顔料も、肌の細菌をキレイにしてくれるので、「ニキビ」などができている時に効果的ですよ。

STEP.2 化粧水

【目的】肌に水分を与え、肌の調子を整えること

化粧水は、肌に水分を補充する役割を持っています。

洗顔後のまっさらな肌は、すごい勢いで水分が蒸発していきます。
洗顔をしたら、「すぐに」化粧水をつけるようにしましょう。

また、「ひげそり」をした後は、肌の表面が傷つき、通常よりも水分が蒸発していきやすい状態になっています。
失った水分を補充するために、化粧水はケチらず、たっぷり肌につけてあげましょう♪

ここで、覚えていて欲しいことは1つ。

「化粧水はスピードが勝負!」

STEP.3 乳液

【目的】肌にフタをし、うるおいを肌に閉じ込めること

ベタつきを気にして、使っていない方も多いと思いますが、乳液もとても大切です。

化粧水でしっかりと水分が補給できていても、フタをしないと、どんどん水分が蒸発してしまいます。
せっかく、化粧水をつけたのに、これではもったいないですよね?
なので必ず、忘れずに乳液をつけましょう!

乳液は、たくさんつければいいというわけではなく、自分の適量を見極める必要があります。
夜スキンケアをして、朝起きた後、
「肌がかなり脂っぽいな」
と感じたら、つける量を減らすことで調整してみてください!

また、「乳液の油っぽいのがどうしても嫌」という方は、さっぱりタイプの乳液もあるので、ぜひ自分の肌に合うものを探してみてくださいね♪

まとめ

  • 今まで「肌荒れ」なんてあまりしたことなかったけど、マスクをつけ始めてから気になるようになった…。
  • 「スキンケア」はしてるけど、「肌荒れ」が良くならない…。

という男性、たくさんいらっしゃると思います。

男性の肌は元々、女性の肌に比べて「肌バリア機能」が弱く、「肌荒れ」しやすくなっています。
また身だしなみに欠かせない「ひげそり」の習慣も、肌に悪影響を与えています。

だからこそ、「正しい保湿スキンケア」を行う必要があるのです。

マスクが必要なくなった未来、マスクを外したときの、あなたの肌はどうなっているでしょうか?

未来のあなたの肌を変えることができるのは、あなたの行動だけです!

今こそ正しいスキンケアの方法を取り入れ、「肌荒れ」のない綺麗な肌を、目指してみてはいかがでしょうか?

ぱそ
ぱそ

とりあえず、みつおも1ヶ月間だけ頑張ってみよ!

みつお
みつお

1ヶ月なら頑張れそう!
綺麗な肌をゲットするぞ〜!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました