MENU

【オルテガ柄】おしゃれなキャンプは蚊取り線香から

これからのキャンプシーズン、蚊やブヨなどが姿を現します。
防虫対策の定番と言えば蚊取り線香ですが、そのままでは風で消えてしまったり、何よりオシャレじゃない。

せっかく、こだわったサイトに仕上げたのに、蚊取り線香だけそのままでは勿体無いですよね。
今回ご紹介するオルテガの蚊取り線香ケースなら機能性も抜群で、サイトのおしゃれさもワンランク上に上げてくれます。

みつお
みつお

完全に一目惚れしました

ぱそ
ぱそ

一目惚れならしょうがないよね

目次

蚊取り線香はキャンプの必須アイテム

「100均受け皿」

春から秋にかけてのキャンプシーズンに蚊取り線香は必須アイテムです。
もちろんそのまま使用してもいいのですが、なにかしら受け皿が必要になります。
私たちも最初は100円ショップのお皿などを使用していました。

「100均クリップ」

ですが、やはり物足りない。
安かろう悪かろうじゃダメですね。

「はさみが甘く、外れやすい」画像撮影者:みつお
・剥き出しなので、風に弱い
・地面にしか置けない
・おしゃれじゃない

なので、機能性の優れたケースを探すことに。
私たちが考える蚊取り線香ケースに必要な要素は以下のとおり。

1 おしゃれ
2 吊るせる
3 足がある

1 おしゃれ

一番重要視した要素はキャンプサイトのレイアウトを壊さないこと。
マットなブラックを中心にサイトのレイアウトを構成していたため、強力な森林香の蚊取り線香の赤色をどう抑えるかが課題でした。

2 吊るせる

これまでは地面に受け皿を用意して使用していましたが、意識が足下に向かず蹴り飛ばしてしまうことが度々ありました。
また、地面のコンディションが悪い時も、地面に置くしか選択肢がなかったためポールなどに吊るせたら楽なのにと常々考えていました。

3 足がある

場所によっては地面に置くこともあると思います。
底全体が汚れると、掃除も大変です。

テーブルに置く場合も、足があると互いに汚れにくくなるため、重要視するポイントの一つに加えました。
インテリアとしても重宝したいですね。

そして、これらを全て満たした蚊取り線香が現代百貨のオルテガ柄の蚊取り線香でした。

CAMPER 蚊遣り箱 オルテガ

「おしゃれな黒色」画像撮影者:みつお
カラーブラック/ベージュ/カーキ
サイズ約φ14×H8
メーカー現代百科(Gendai Hyakka)
重量440g


上から見ると、菱形の穴が空いており、ここから煙が抜けていきます。
側面は、オルテガ柄でとてもおしゃれ。

色の質感は半つやのブラック。

「内部と支柱」画像撮影者:みつお

私たちのサイトにはノルディック柄を多数採用しています。
ブランケットやテーブルクロス、全体の統一感を大切にしているため、このオルテガ柄のデザインはノルディックにとっても近い。
完全に一目惚れでした。

サイトに置いてみた

「統一感がありおしゃれ」画像撮影者:みつお

自己主張し過ぎず、全体のレイアウトにうまく馴染んでいます。
そして、穴の範囲が多過ぎず、少な過ぎずちょうどいいので、煙が排出される一方で、軽微な水であれば蚊取り線香を守ってくれます。

「ポールにつるしても良し」画像撮影者:みつお

テーブルに置いても良し!
ポールに吊るしても良し!

とてもおしゃれです。

対角線に配置してもよさそうなので、もう一つ買おうかな!

手入れも簡単で、落ちた灰の跡はウェットティッシュで拭きあげれば綺麗になりますよ。
全ての蚊取り線香ケースに言えることですが、蓋の裏側にはヤニがこびりつきやすいのでこまめに清掃しましょう。

まとめ

これからのキャンプシーズン、蚊やブヨなどが姿を現します。
防虫対策の定番と言えば蚊取り線香ですが、そのままでは風で消えてしまったり、何よりオシャレじゃない。

せっかく、こだわったサイトに仕上げたのに、蚊取り線香だけそのままでは勿体無いですよね。
今回ご紹介するオルテガの蚊取り線香ケースなら機能性も抜群で、サイトのおしゃれさもワンランク上に上げてくれますよ!

みつお
みつお

これでおしゃれキャンパーに近づいたね!

ぱそ
ぱそ

こだわりが出てくるとキャンプがより楽しくなってくるね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

夫のみつおとふたりぐらし。留学のため、退社したもののコロナ禍で留学が延期に…。現在、全国通訳案内士取得を目指し、勉強しつつ専業主婦を満喫中。旅行と美容とパンダが好き。

コメント

コメントする

目次