【レビュー】キャンプで安眠したいならWAQのインフレータブルマットが一番おすすめ。

スポンサーリンク
アウトドア

キャンプの楽しさを左右するのが、キャンプ場での睡眠の質です。
今回ご紹介するWAQのインフレータブルマット(インフレーターマット)があればキャンプ場での睡眠に悩むことがなくなりますよ!

ぱそ
ぱそ

私は睡眠にはうるさいよ

みつお
みつお

好きな格言は「寝る子は育つ」だもんね

キャンプ場での睡眠

キャンプ初心者で意外と盲点になりがちなのが睡眠!
テントと寝袋を買ったのはいいけど、いざ寝てみたら、

・地面の草や石でゴツゴツして痛い。
・湿気でベタつき不快。
・地面の熱が伝わってきて暑くて寝られない。

キャンプがどれだけ楽しくても、睡眠の質が悪いと台無しですよね。
なので、睡眠の環境だけはしっかり整えることをお勧めします。

マットの種類

睡眠の質を上げるにはいくつか方法がありますが、一番いいのはマットを敷いて直接地面に触れないようにすることです。

とはいえ、マットと言ってもその種類は多くどれを買っていいかわからないかと思います。

大きく分けて3種類

ウレタンマット
軽量で持ち運びに優れている。
比較的安価
薄く寝心地は良くはない。
エアマット
断熱性に優れ地面と体を離すことができる。
小さく収納でき持ち運びに優れている。
突起物に弱い。
インフレーターマット
ウレタンとエアのいいとこ取り。
寝心地がいい。
比較的高価なものが多い。

安眠を第一に考えたマット選びにおいて、体をどのように支えるかを考えましょう。

ウレタンマットは薄く、地面の凹凸と体全てを支えるにはもの足りません。

一方エアマットは、十分な厚さを実現できますが、寝心地にクセがあります。
中の空気は形を変えやすいので、足元に荷重がかかれば、それ以外の場所が盛り上がります。
特に寝返りを打つと、波のように揺れるため、酔うこともしばしば。

エアベッドほど大きければ寝心地は確保されますが、今度は大きすぎてキャンプに持って行くには不向きです。

その点インフレーターマットは全身を安定して支えるため、安眠を求めるのであれば一番お勧めのタイプになります。

インフレーターマット(インフレータブルマット)

インフレーターマットはウレタンマットとエアマットのハイブリット!
中に小さい穴が空いたウレタンが入っており、そこに空気が入り込むことで膨らみます。

また、ウレタンにより形状がある程度固定されているため、エアマットで指摘した、寝心地の悪さを解消しています。

WAQのインフレータブルマットがおすすめ!

概要

製 品 詳 細
ブランドWAQ
カラーネイビー / タン / オリーブ / ブラック
サイズ使用時 : (約)縦190cm × 幅65cm x 厚み8cm
収納時 : (約)縦65cm × 幅20cm / 連結時:(約)縦190cm × 幅130cm
素材(生地)PVC75D
素材(内側)ひし形打ち抜きウレタンフォーム
重量(約)2.5kg

この商品の一番の特徴は、
8cmの厚みで高コスパであること。

「自動では7cm程度」

他にも細かい魅力に溢れています。

滑り止め
就寝時にマット自体が滑ってしまっては、安眠を得られません。
裏側に滑り止め加工がしており、簡単にはズレない工夫がされています。

画像引用元:WAQ公式オンラインショップ

◯連結用ボタン
家族で使うことも想定されており、何枚でも連結できるように連結用ボタンが搭載されています。
テントの中で川の字で寝る際にはありがたいですね。
また連結することで支え合い滑り止めにもなります。

画像引用元:WAQ公式オンラインショップ


他のメーカーもインフレーターマットを販売していますが、1年間という保証期間もまで付いているメーカーはあまりありません。
また、年に数回、最大30%OFFキャンペーンも実施しています。
セール時を逃さないように注意しましょう!

実際に使ってみた

1年間キャンプで使用してきましたがまったくヘタれることなく使用できています。
バルブが大きく、簡単に準備ができるだけでなく、緩めればすごい勢いで空気が抜けるため撤収も簡単に行えます。

8cmの厚みのインフレーターマットの寝心地はやはり良いです。
地面の凹凸や湿気が気になりません。
また、夫婦でキャンプに行っているため、並んで使用することがほとんどです。

とても便利なのが、ボタンでマット同士を連結可能ということ。
これだけでマットがずれにくくなり、安定した睡眠が確保できます。

イマイチな点

ただ一点だけ気になるのが、収納時の大きさ。
キャンプの持ち物は意外と多く、できるだけコンパクトになるものが好まれます。

このマットに限らずインフレーターマットは中にウレタンを含んでいるため、圧縮に限度があります。

丸めて収納するため、横幅以上には小さくなりません。
寝袋やウレタンマットと比較してもかなり大きいため、車に詰め込む際などは注意が必要です。

睡眠の質を更に上げるには?

更に寝心地を求める人はインフレーターマットの下にウレタンマットを敷いてみましょう。
かなり凸凹した地面でも安定させることができますよ。

またWAQは枕も販売しており、セット割も度々行っているようです。
ぜひお試しください!

まとめ

キャンプの楽しさを左右するのが、キャンプ場での睡眠の質です。
今回ご紹介したWAQのインフレータブルマット(インフレーターマット)があればキャンプ場での睡眠に悩むことがなくなりますよ!

ぱそ
ぱそ

ぜひおためしあれ〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました