【使用例紹介】ポータブル電源PowerArQ2がキャンプにオススメ!

スポンサーリンク
アウトドア

今回は、キャンプの快適さをワンランク上げるキャンプギア、ポータブル電源を手に入れたので、実際にキャンプで使ってみました。
やっぱり電気の力があるとグッとキャンプの快適性が上がりますね!

みつお
みつお

これで上級キャンパーの仲間入りだね!

ぱそ
ぱそ

使いこなしてからが本当の上級者だよ、みつおくん。

ポータブル電源の特徴

ポータブル電源とは

画像引用元:PowerArQ公式HP

災害時などに使用したり、屋外での活動などで重宝する蓄電器のこと。
大きな特徴としては、様々な規格で安定した電力を出力できる点。
多くのメーカーが大きさや容量の異なる商品を展開しています。

バッテリー容量は「Wh(ワットアワー、1時間の消費電力)」
消費電力100Wの電気毛布を2時間使いたい場合は200Whのバッテリー容量が必要となります。

キャンプで使う際は以下の基準で、ざっくりと容量を選ぶことをお勧めします。

300Wh500Wh1,000Wh
デイキャンプ1泊のキャンプ2泊以上のキャンプ

PowerArQ2

「AC/DCをボタンで変更可能」画像撮影者:みつお
電力容量500Wh
充電時間~7時間
MPPT方式 ※1有り
AC出力ポート数2口
AC出力周波数50Hz/60Hz
AC通常出力電力(W)300W
USB Type-A4口
USB Type-C1口
ワイヤレス充電1口
LEDライト ※2520ルーメン

※1 MPPT(最大電力点追従制御)方式とはソーラーパネル(別売)から充電する際、設置場所や天候に合わせて、自動的に最大出力を得ることができる機能のこと。
太陽の日差しが強くても弱くても効率良く充電ができます。

※2 ルーメン(光量)のこと。
520ルーメンは屋内であれば床に置いても天井まで明るくなります。

「床に置いた状態で点灯」画像撮影者:みつお

同梱物
PowerArQ本体の充電アダプタ以外にも、TYPE-Cケーブルなどが同梱されています。

「同梱物」画像引用元:PowerArQ公式HP

収納しやすいフォルム

製品の天面が平らになったため、上に積み重ねて保管が可能に。
無駄な空間がないため車載性能抜群。

パススルー充電

画像引用元:PowerArQ公式HP

PowerArQ 2を給電しながら、機器を充電するパススルー充電に対応。
パススルー充電不可のポータブル電源が多い中、災害時もソーラーパネルで充電しながら使用可能。

AC出力の周波数切替

電化製品には50Hz/60Hzの2つの周波数が存在しますが、周波数の組み合わせにより、消費電力が変動します。
PowerArQ 2は50Hz/60Hz両方の周波数に対応し、周波数の切り替えが可能なため、消費電力を抑えた使用が可能です。

2年間のメーカー製品保証

お客様にご安心して末長くお使い頂くために、PowerArQの製品保証は通常で2年間の長期保証が付帯します。
万が一の故障の場合は弊社カスタマーサポートまでご連絡ください。
問題解決のため誠心誠意対応させて頂きます。
※経年劣化による劣化、またはお客様ご自身の使用による破損、故障、水没などに関しましては保証対応ができない場合がございます。 

PowerArQ公式HP

500Whで何ができる?

ぱそ
ぱそ

なんとなく概要はわかったけど、実際に何がキャンプで使えるの?

キャンプではそれぞれのシーズンによって使用できる家電製品が変わってきます。

冒頭でもお伝えしましたが、バッテリー容量は「Wh(ワットアワー、1時間の消費電力)」
消費電力100Wの電気毛布を2時間使いたい場合は200Whのバッテリー容量が必要となります。

500Whであれば、単純計算で100Wを5時間使用することができますね!
PowerArQ2は300Wまでの家電であれば使用できるため、かなり多くの家電を使用できちゃうんです。

使用できる家電

◯オールシーズン
・スマホ充電
・LEDランタン充電
・ヘアアイロン
・電動コーヒーミル


これだけでも、かなり助かりますね!
ただ、下記の家電を使えば、キャンプにおいてワンランク上の快適性を得ることができます。

◯春
 日中は暖かいですが、朝晩はとても冷え込みます。
 暖房系の家電がまだまだ手放せません。 
・電気毛布
・サーキュレーター
◯夏
 キャンプハイシーズン。
 暑さと虫との戦いになります。
 我が家では、朝のアイスコーヒーのための小型製氷機の購入を検討しています。
・小型冷蔵庫
・小型製氷機
・サーキュレーター
・電動の虫除け
◯秋
 気候が安定して過ごしやすくなってきますが、徐々に肌寒くなってきます。
 薄手の電気毛布などが一枚あると嬉しいですね。
・電気毛布
・電動の虫除け
◯冬
 家電製品大活躍のシーズン。
 我が家は敷くこともできる掛け電気毛布を購入したのですが、本当に重宝しています。
 自分達が包まるだけじゃなくて、事前にシュラフを温めて置けるので嬉しい!
・電気毛布
・ホットカーペット
・サーキュレーター
・加湿器
・こたつ

使用感

「使ってみました」画像撮影者:みつお

3月のキャンプで使用しましたが、思ったよりも長時間使用できました。
しっかり電気を全て使い切ることと、引き換えに得た快適性は計り知れません。

サーキュレーター(1時間半)
電気毛布(5時間)
スマホ充電(2台分)

シュラフを温める際に、電気毛布が温度が最大だったので、温度を下げればもっと長く使えたと思います。
我が家で使っている電気毛布は丸洗いできて、とても扱いやすいのでオススメです!

良い点/悪い点

・使用時にファンの音がしますが、屋外だとほとんど感じません。
・蓄電量がメモリで表示されているためわかりやすい。
・天板が平らなので車載しやすい。
・TYPE-Cアダプタが付いているのが嬉しい。
・一台あるだけで災害への不安感が小さくなる。
・ケトルやドライヤー、電子レンジなどの消費電力の大きい電化製品は使えない。
・充電音が少し大きい。

キャンプに電気という力を加えると、ワンランク上の快適性を手に入れることができます。
価格も60,000円以下と、他メーカーと比較してもかなりお得な価格設定になっています。

みつお
みつお

今後、電源付きサイトに行かなくていいと考えれば安いよね!

とはいえ、高級な製品であることに間違いないありません。
ですので、

高額なもののため、そばを離れる際は外に出しっぱなしにしない。
車などに入れて必ず鍵をかけましょう。

また、屋外で使用をする際は直接電化製品を繋ぐのではなく、汚損防止のため屋外用の延長ケーブルの使用をオススメします。

まとめ

今回はポータブル電源を手に入れたので、実際にキャンプで使ってみました。
やっぱり電気の力があるとグッとキャンプの快適性が上がりますね!
一台あるだけでとても便利ですので是非試してみてください!

ぱそ
ぱそ

ぜひ、おためしあれ〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました