キャンプでも大活躍!高コスパの無印良品のジュートバッグがおすすめ!

スポンサーリンク
アウトドア

キャンプに行くと、着替えや食べ物、薪などたくさんのものを持ち運びますよね。
そんな時に耐久性や防水性を兼ね備えた、大容量・高コスパな無印良品のジュートバッグが大活躍するんです。

みつお
みつお

もうジュートバッグなしではキャンプには行けないよね

ぱそ
ぱそ

ほんと。おしゃれだし、汎用性が高すぎる!

無印良品のジュートバッグ

画像引用元「MUJI無印良品オンラインショップ

特徴

サイズ規格寸法マチ幅タテヨコ
商品サイズ36.5×46×2222.036.546.0
仕様・混率本 体:植物繊維(ジュート)100%,
持ち手:綿100%
最大積載量(目安)約34.0L
耐荷重20kg
部位別寸法持ち手長さ:56cm

本体に使用されているのは食物繊維(ジュート)は麻の一種です。
とても軽く汚れや匂いが付きにくいといった特徴があります。

サイズ展開

画像引用元「MUJI無印良品オンラインショップ

A6・B5・A4・A3の4サイズ展開。
今回ご紹介するA3サイズは最大サイズです。

★無印良品オンラインショップはこちらから

何がいいの?

画像引用元「MUJI無印良品オンラインショップ

耐水性
中側がコーティング加工してあるため、耐水性を持っています。
外側が濡れても内側に染み渡らないのがとてもいいですね!

大容量
開口部及びマチが広くたくさんの物が入ります。
形状記憶がしっかりされており、大量に入れても型崩れしません。

耐久性抜群
耐荷重が20kgもあります。
ジュートもしっかりしているため、ちぎれたりする心配もありません。
持ち手も太く設計されており、縫い付けも強くされています。

手入れの楽さ
内側のコーティングのおかげで、簡単に汚れを拭き取れます。

洗濯はNGなのでご注意ください。

安い
290円です。
無印さん価格間違えてませんか。

みつお
みつお

290円⁉︎

キャンプに使ってみた

我が家ではキャンプで使う色々なものを、ジュートバッグに入れています。


まずは薪入れとして使用しています。
地面においても内側がコーティングされているため、外の湿気が内側に染み渡りません。
焚火台の近くにおいても薪の色に近いので結構違和感なく使えますよ。

「薪入れとして使用」画像撮影者:みつお

ブランケットや枕
着替え以外の衣類について収納しています。
屋外で使うものをそのまま地面に置くのは躊躇われるので、ジュートバッグに入れて持って行っています。

「すっぽり入ります」画像撮影者:みつお

調理器具
ホットサンドメーカーやお皿などを纏めて入れています。
結構置き場に困りますよね。

「食器やクッカー」画像撮影者:みつお

このジュードバッグのいいところは全て、屋外で気兼ねなく使用できる点です。
多少の汚れも価格の安さを考えたらそんなに気になりませんよね!

まとめ

以上、無印良品のジュートバッグについてご紹介してきました。
キャンプに行くと、着替えや食べ物、薪などたくさんのものを持ち運びますよね。
そんな時に耐久性や防水性を兼ね備えた高コスパな無印良品のジュードバッグが大活躍するんです。
一つ持っていても絶対に損をしないので、是非買ってみてください!

ぱそ
ぱそ

キャンプ以外にも普段からゴミの仕分けやエコバックとしても使ってます。

みつお
みつお

ぜひおためしあれ〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました