MENU

【グランピング】妙義グリーンホテル&テラスに宿泊してみました!

ずっと気になっていた、「妙義グリーンホテル&テラス」(群馬県富岡市)に宿泊してきました。


自然をたっぷり楽しめるのはもちろん、ゴルフ場ならではのクオリティの高いサービスが堪能できました。
ファミリーで行くのはもちろん、カップルで行くのもオススメです!

ぱそ
施設がとても綺麗で快適だったね〜。
みつお
自然の中で過ごすっていいよねぇ。
目次

妙義グリーンホテル&テラス(群馬県富岡市)

妙義グリーンホテル&テラスはゴルフ場併設のホテル施設です。

コンセプトは

ゴルフ、それは本来、自然と共にあるもの。 地形や風を読み、 一瞬一瞬に変化する自然の姿に畏敬の念さえ抱く…。
英国紳士の野遊びにそのルーツを求めるなら、ゴルフは本来「自然体験」だったはず。「アウトドアっぽいことに興味はあるけど、キャンプは…」 「自然は好きだけど、あんまりワイルドなのはちょっと…」。 今、こうした「潜在的アウトドア志向」を、胸に抱く人々が増えている。登山、釣り、自転車などの 「アクティブ(自然に対して積極的)」な アウトドアスポーツ人口が減少する中、キャンプ人口だけが年々増えているのは、より「パッシッブ(自然に対して受け身)」な アウトドア志向が高まっている証拠である。
こういった紳士淑女に向け、ゴルフ場ならではの紳士的ホスピタリティ、 ホテルレストランレベルの食事、サービス、 日本では数少ない天然芝の広大なキャンプサイト、変化に富んだ地形、周囲の絶景など、既存のキャンプ場にない上質なアウトドア体験を提供するのが、妙義グリーンホテル&テラスである。
「Wild & Luxury」。あなた流の楽しみ方を。

引用元:ホテル妙義グリーンホテル&テラスHP

ぱそ
自然を楽しみたいけど、快適さも大切にしたいという方にぴったりですね!

現地に到着したらまず、ゴルフ場横のホテルへ。
グランピング専用の受付があり、そこでグランピング施設の説明を受けます。

ここで夕食と朝食の希望時間を決めることができます。

その後ホテルから少しだけ離れたグランピング施設へ。
私達は車でしたが、バスでも行けるみたいでした。

お部屋

客室は「テント」「エアストリーム」があります。

今回は「エアストリーム」に宿泊しました。

「エアストリーム外観」画像引用元:ホテル妙義グリーンホテル&テラスHP

部屋の中はこんな感じ。

「エアストリーム内装」撮影者:ぱそ

流石に中はめっちゃ広い!というわけではありませんが、必要なものがコンパクトに入っている感じ。
ベッドはふっかふかで最高でした。

「サービスのコーヒー」撮影者:ぱそ

室内にコーヒーマシンも用意されていて最高ですね。
翌朝が楽しみです!

あと室内に備え付けられてて気に入ったのがコレ。

「虫キャッチャー」自宅にて撮影:ぱそ

自然の中ということで虫が心配の方も多いと思いますが、コレさえあれば無敵です。
今まで存在を知らなかったのですが、気に入りすぎて後日自宅用に購入しました。笑
虫嫌いのみなさんはぜひ!

共有スペース

「妙義グリーンホテル&テラス」は各客室の他に、「レセプション&バー」「トイレ」「シャワールーム」が共有スペースになっています。

Reception & Bar

「レセプション&バー」画像引用元:ホテル妙義グリーンホテル&テラスHP

部屋のチェックイン / チェックアウトはこちらで行います。
チェックインした後はお部屋までスタッフさんが荷物を運んでくれました!

ぱそ
さすがゴルフ場レベルのホスピタリティ…。

またこちらはBarとしてご利用できます。
営業時間中はドリンクバーが飲み放題で、ソフトドリンクだけでなく、生ビール・焼酎・ワイン・各種リキュールも置いてありました!

みつお
自然の中でのむ酒は最高だぜ〜!ひゃっはー!![/ふきだし
ぱそ
オリジナルカクテルも作り放題で楽しかった♪