牧場食材を使ったパンが朝から食べられる!ゆめ牧場オートキャンプ場に行ってみた。

スポンサーリンク
アウトドア

アクティビティが豊富なキャンプ場はたくさんありますが、牧場まで歩いて行けるキャンプ場はそう多くありません。
ゆめ牧場オートキャンプ場なら、日中は牧場で遊んで夕方からキャンプを楽しむことが出来ちゃいます。

しかも、朝ご飯には牧場で焼き上げたパンを楽しむこともできちゃうんです。

みつお
みつお

楽しすぎて時間が足りないよ

ぱそ
ぱそ

家族連れなら連泊がおすすめだね!

成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場

成田ゆめ牧場とは

千葉県にある体験型牧場。
数多くの動物と触れ合うことができます。

コンセプトは教育と体験のできる牧場です。
牧場で暮らす動物の生態や食べ物や飲み物などの製造工程を学習することができます。

多くの動物と触れ合える

実際に行ってみて動物と触れ合ってきました。

モルモット

箱に入ったモルモットを撫でることができます。
思ったよりも毛がしっかり!
撫でられると嬉しそうにするので、いつまでも居座ってしまいそうになりました。

ヤギ

たくさんのヤギが出迎えてくれます。
一匹一匹に個性があり、見ているだけで楽しくなります。
餌も販売しており、餌やり体験もできます。

美味しい食べ物

「ホエイソーダとソフトクリーム」画像撮影者:みつお

ソフトクリームは絶品です
濃厚なのに味のキレが良く、油分が適量なのが特徴。
入場口の外側で買えるため、これだけ購入してキャンプ場に戻ることもできます。

他にもピザやパンなど、牧場の食材を使ったフードも充実しています。

豊富なアクティビティ

画像引用元「成田ゆめ牧場公式HP

アーチェリーや釣り堀。サイクリングなど、子どもが楽しめる設備が整っています。
一日中滞在できちゃいますね。

乗馬などもできちゃいます!

体験

画像引用元「成田ゆめ牧場公式HP

バター作りやパン作りなどを体験できます!

キャンプのごはんを牧場で子どもに作ってもらうのも楽しいですね!

予約時間と受付場所は体験内容によって違います。
事前にこちらでご確認ください。

ひまわり迷路

7月〜8月になると、ひまわり畑が姿を現します。
このひまわり畑はとても大規模で、これを見に来るために、県外からも多くの人が訪れます。

オートキャンプ場

ゆめ牧場の駐車場に入らず左折してまっすぐいくと到着。

◯公式HPはこちらから

概要
住所:〒289-0111 千葉県成田市名木730

チェックイン
平日9:30~15:30土曜9:30~20:00、日曜9:30~16:00 ※12月~2月の平日は10:00~15:00
チェックアウト
17:00(手続き無し)
  • 全面【オートサイト】:車は全てサイト内へ駐車(別途駐車場無し)
  • 一般サイト:区画の無いフリーサイト。車道の確保等周辺の方へご配慮の上ご利用ください
  • 電源サイト:【8×8m】の区画サイト。テント・車両等全て区画内に収めてご利用ください
  • サイトクローズ:サイト整備等により不定期に発生(予約HP、公式Twitter等でご案内)
  • 支払い方法:全額現地にて、チェックインお手続き時に一括前払い
  • クレジット、電子決済:一括払いのみ。PayPay、一部電子マネーご利用可
  • ペットの利用:犬のみ有料、その他のペットは無料(ご利用は「成田ゆめ牧場」の規約に準拠)
  • 予約方法:オンライン予約、または電話予約(予約解禁初日は電話予約不可)
  • 事前予約必須(当日の希望はご来場の前に電話連絡必須)

サイト

電源付き区画サイトと通常の区画サイトの2種類があります。
広さは8m×8mの正方形。
杭とロープの簡易的に分けられています。

地面は草が生えており、水捌けは悪くありません。
利用した際雨が降っていましたが、タープ下まで浸水はしてきませんでした。

センターハウス

センターハウスでは受付や物販・レンタルを行うことができます。
薪や焚き火だけでなく、歯ブラシなども取り扱っています。

炊事場

炊事場には屋根がついています。
また給湯器もありお湯が出る蛇口も複数箇所設置してあります。

トイレ

センターハウスの裏にあり、バリアフリー対応。
手入れが行き届いており、いつ行っても清掃が行き届いていました。

シャワールーム

温泉ではなく、シャワーだけですが脱衣所と洗面所がとても広く使いやすいです。

センターハウス前に両替機があり、硬貨がなくても安心。
ドライヤーやバスタオル、シャンプーボディーソープなどはありません。
「センターハウス前の両替機」画像撮影者:みつお

ゴミ捨て場

少し離れた位置にあります。
灰処理場は炊事場の近くのため注意が必要です。

実際に行ってみた

13時にチェックイン。
周りにあまり人がいないGサイトを利用することに!

雨予報だったので、タープだけ張り、ゆめ牧場にいくことに。

センターハウスでゆめ牧場の入場券が割引で購入可能。

センターハウスでゆめ牧場の入場券を購入!
通常700円の駐車料金ですが車はキャンプ場に置いて行けるため駐車料金は無料です。

「キャンパー割引」

また入場料も500円OFF ‼︎
大人料金は通常1,450円ですが950円で入場可能です!

お昼ご飯をゆめ牧場で食べてしばらく散策。
たくさんの動物たちが出迎えてくれました。

乗馬体験はとても人気のようで、子どもたちの列と撮影に熱中する親の姿が印象的でしたね。

気がついたら夕方に差し掛かっていたため、慌ててキャンプ場に戻ります。
キャンプ場が牧場から歩いてすぐのところだととても助かります。

「本日のサイトレイアウト」画像撮影者:ぱそ

本日は雨が降るとのことであったため、タープの高さと角度を調整。
ポリコットンのタープですが、雨でも問題なく使用できます。

本日のメニューはペッパーランチ!
フライパンディッシュを使用して焼き上げます。

「ペッパーランチ」画像撮影者:ぱそ

火にガンガンかけられる鉄フライパンがあると料理も捗りますね。
周りの利用者のほとんどがファミリーだったため終日賑やかでした。

本日は、気温が上がりきらず雨も降っていたため虫はほとんど姿を見せませんが、林が近く、草も多いため防虫対策はしっかりして行った方がいいかと思います。

夕食後はシャワー!
少し早めに行ったため、他の利用者はいませんでした。

「100円玉を3枚入れると使えます」画像撮影者:みつお

共有スペースと脱衣所はそこそこ広く使い勝手はGood。
水圧も強く温度も一定で非常に心地よかったです。

テントに戻った後はイヤホンを着用し、恒例の映画鑑賞。
リラックスしながら眠りにつきました。

牧場ならではの朝ごはん

翌日は、快晴でとても気持ちの良い朝でした。
そして朝食。

これがこのキャンプ場の一番の特徴で、前日にパンを注文しておくことで、センターハウスで受け取ることができます。

「朝食予約メニュー」画像撮影者:みつお

今回は4種類のパンと牛乳を注文しました。
牧場の新鮮な牛乳は上品なコクと味で何本でも飲めてしまいます。
パンも繊細な甘味が起き抜けの朝食にとても合います。

「調理時間0秒」画像撮影者:ぱそ

そのままでも十分美味しかったですが、ホットサンドメーカーをお持ちの方は温め直すとより美味しく食べられますよ。

「ミルク感の強いクロワッサン」画像撮影者:みつお

朝ご飯の準備が省略できるため忙しい撤収作業もゆとりを持って取り掛かることができます。
子どものいる利用者にとってはとてもありがたいですね。

チェックアウトの手続きは特になくそのまま帰って差し支えないとのことです。
ゴミ捨て場が入り口付近と、サイトからは少し歩くため少し注意が必要です。

灰処理場は炊事場の少し北側にあります。
ゴミ捨て場には灰を捨てる場所がないので注意。

まとめ

アクティビティが豊富なキャンプ場はたくさんありますが、牧場まで歩いて行けるキャンプ場はそう多くありません。
ここ、ゆめ牧場オートキャンプ場なら、日中は牧場で遊んで夕方からキャンプを楽しむことが出来ちゃいます。

ぜひ、一度家族で行ってみてはいかがでしょうか!

みつお
みつお

ぜひおためしあれ〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました