【口コミ】群馬県の赤城山PIG-OUTは日本屈指のアウトドアイベントだった

スポンサーリンク
アウトドア

アウトドアブームの今日、毎週沢山のアウトドアイベントが開催されています。
その多くが、都内や有名キャンプ場で開催されていますが、私たちが住む群馬県でも見劣りしない密着型アウトドアイベントが開催されているんです。

みつお
みつお

群馬ってほんとキャンプする人にとって良い環境だよね

ぱそ
ぱそ

もっと有名になってもいいのにね〜

群馬県の誇るアウトドアイベントPIG-OUT

「PIG-OUT」画像撮影者:ぱそ

CONCEPT

赤城山の自然を楽しみながら、心もお腹も満たされるキャンプイベント

PIGOUT公式HPはこちらから

“PIG OUT”とは、「たらふく食べる」という意味のスラングです。
“AKAGI PIG-OUT CAMP”は、おいしい食を味わえるお店に加え、物販、ワークショップ、音楽、遊びのコンテンツなどさまざまな楽しみ方ができるイベント。

もちろん、テントサイトではキャンプ泊も可能です。

大人同士で、お酒片手に音楽を愉しむもよし。
子供たちだけで、大自然のフィールドを舞台に遊ぶもよし。

ぜひ大切なご家族やご友人と、赤城山へお出かけください。

PIG-OUT公式HP

スケジュール及び概要

画像引用元:「PIG-OUT公式HP

日程:5月28日、29日
時間:10:00〜17:00

キャンプ券を購入すれば、テントサイトでの宿泊も可能。

料金
1日券   1,000円
2日券   1,500円
キャンプ券 4,000円

フード

画像撮影者:ぱそ

たくさんのキッチンカーが会場内に登場!
軽食からジャンキーなものまで幅広く取り扱っています。

なんと1日目と2日目でお店が入れ替わるんです。
どのお店も美味しいご飯ばかりで、ついつい食べ過ぎちゃいますね。

ショップ

「ショップの様子」画像撮影者:みつお

メインの広場には、スノーピークを初めとしたキャンプギアのお店やフリーマーケットが展開されています。

道の駅の野菜なども売られており、買ってキャンプ場で楽しむこともできますよ!
大規模フェスほど店舗は多くありませんが、毎年店舗が増えており、とても楽しい空間です。

プレイ

「豊富なアクティビティ」画像撮影者:みつお

子どもから大人まで楽しめるアクティビティ!
会場駐車場にはスケボーパークが設営!

レンタルやレッスンも可能で、小さい子たちが楽しそうに滑っています。

その脇にはトランポリン。
ここも大変人気で、帰りたくない子が続出。

また、フリマエリアの一部では染め物体験やお箸作り、どんぐりチャームなど親子一緒に楽しめるワークショップも展開。

他にもレンタルバイクやテントサウナなど、全て楽しむのに時間がどれだけあっても足りません。

ステージ

「ステージ」画像撮影者:みつお

会場内は常に音楽が流れており、ステージも時間に合わせて変化します。
ガチタンバリンなど色々な出演者が多収出演しており、切間なく会場を盛り上げていました。

実際に行ってみた

11時にチェックインすると、テントサイトは既に家族連れで賑わっていました。
通常のキャンプ場と違って、イベント限定のキャンプ場のためチェックインとチェックアウトの時間が特殊です。

◯春の千本桜

画像引用元「前橋市公式HP

キャンプ券を持っている人は10時からでチェックアウトはなんと翌日の17:00。
2日間まるまる楽しめちゃいますね。

チェックインした後は、テントの設営。
フリーサイトとなっていますが、本来は公園のため全体的に傾斜があります。

寝る時のことを考えてテントを張るのが良し!
結構傾斜があります。
「設営の様子」画像撮影者:みつお

一通り設営を終えた後は、イベント会場へ繰り出します。
昼食はグリーンカレーとポテト!

会場にはSnowPeakの机、椅子、タープが来場者用に設営されているため、そこで食事をすることもできますが、宿泊者は自分のテントに買ったものを持って帰ればいいため、ゆっくり味わうことができます。

「グリーンカレーとポテト」画像撮影者:みつお

当日は最高気温30°の猛暑日。
ビールが美味しくなるコンディションが整い、たまらず乾杯。

会場のBGMを楽しみながら、だらだら過ごすのも悪くはありません。
今回はPIGOUTを楽しむことが目的のため、会場に足を運ぶことに。

ステージではトークショーを行っており、本日のゲストは初代サバイバル女子キャンパーとして有名な「natsuさん」
遠巻きに眺めさせていただいておりましたが、トークの慣れは流石Youtuber。

「natsuさんのトークショー」画像撮影者:みつお

ついつい聞き入ってしまい、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

みつお
みつお

お話に出てきた、しまなみ海道いつか行ってみたいなー

トークショーを満喫した後は、フリーマーケットを物色。
規模はそれほど多くはありませんが、カッティングボードを扱うお店や、コーヒー豆、食器などを取り扱うお店などとても賑わっていました。

また、絵本を読めるあおぞら図書館もあり、ちょこんと子供が座って読み耽っていました。

また、フリーマーケットの一角では子供たちに大人気のワークショップも。
木材から箸を作るお店や、どんぐりチャーム、Tシャツも藍染体験など親子で体験できるワークショップがありました。

ただ、みつおの本命はそこではありません。
前々から気になっていた、テントサウナ
このPIG-OUTではこのテントサウナが無料で楽しめるということで、水着を用意。

「テントサウナとプール」画像撮影者:みつお

実際に入ってみると、普通のサウナと違って息苦しくない。
そしてなんか木のいい匂いがする。

テント内に薪ストーブを置き、ストーブの周りの石を加熱することでテントないの温度を高めます。
足元には箒のように束ねられた葉枝が桶の中に。
これを使って熱された薪ストーブに桶の水をふりかけて水蒸気を発生させ、湿度を上げます。

「薪ストーブ」画像撮影者:みつお

蒸発する水に枝葉の香りが含まれているため上品な香りがするとのことでした。
10分経ったら、外に出てプールへ。

とても冷たい水でしたが、毛穴が閉まってとても気持ちいい。
会場から聞こえるBGMと木漏れ日がとても贅沢で優雅な時間を与えてくれます。

温泉のサウナでは感じられない至福な時間でした。
いや、ほんと皆さんにお薦めしたい。

10分×3セット繰り返すことでデトックス効果が得られます。
テントに帰る頃には身も心も、ふにゃふにゃになってしまいました。

時間も17:00近くなったということで、夕飯を調達に会場へ。
たくさんのキッチンカーが出ており、悩ましいところでしたが、ピザを購入。
テントに戻ってしっかりと味わいます。
普段のキャンプではここまでたくさんの種類のご飯を楽しむことができないのでとても助かりますね。

特に、子ども連れの家族にとっては大変助かるようで、どの家族もキッチンカーでご飯を買っている様子でした。

そして、会場に来る前に寄ったとんとん広場で購入してきた骨つきソーセージとチョリソー。
これもしっかり焼いて食べます。
意外と知られてませんが群馬県は豚の飼養頭数が全国4位。

画像引用元:「群馬県公式HP


会場近くの商業施設「とんとん広場」にはソーセージや生ハム、ジャーキーなどたくさんの美味しい豚肉が揃っています。

とんとん広場オフィシャルサイトはこちらから

特にこのポークジャーキーが絶品なんです。
赤城山周辺でキャンプをする際は、ぜひ寄ってみてください!

「絶品のポークジャーキー」画像撮影者:みつお

20時から22時まではナイトシアター。
ステージで夜映画を鑑賞する宿泊者限定のイベント。

しかし、今回は強風のため中止に。
残念ですが、楽しみは来年に取っておくことにしましょう。

翌朝はとても良い天気でした。
朝7時からステージ前でヨガ。
凝り固まった体がじんわり解されていきます。

「気持ち良いヨガ」画像撮影者:みつお

ヨガが終わった後は朝ごはん。
前日にキッチンカーで予約しておいたエッグベネティクト。
トロトロのポーチドエッグと塩気のあるベーコンがたまりません。

「エッグベネティクト」画像撮影者:ぱそ

朝ごはんを食べ終わった後は、だらだらコーヒータイム。
チェックアウトが17時ということで気楽に過ごせます。

会場は二日目ということで人が賑わっています。
キッチンカーのお店も入れ替わり、また楽しみが増えました。

「GRASSAの絶品パスタ」画像撮影者:みつお

最後までイベントを満喫して赤城山を後にしました。
来年もまた来ようと思います!

PIG-OUT公式HPはこちらから

まとめ

アウトドアブームの今日、毎週沢山のアウトドアイベントが開催されています。
その多くが、都内や有名キャンプ場で開催されていますが、私たちが住む群馬県でも見劣りしない密着型アウトドアイベントが開催されているんです。

ぜひ、県外にお住みの皆様!
このPIG-OUTにお友達や家族と訪れてみてはいかがでしょうか。

ぱそ
ぱそ

本当に楽しかった〜
ぜひ、おこしください〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました