【DIY】初心者でもできる!キャンプDIY6選

スポンサーリンク
アウトドア

キャンプを始めて一年。一通り道具を集めた後は自分だけのキャンプギアが欲しくなってきますよね。
今回は、DIY初心者でも簡単に作れるキャンプDIYを6つご紹介していきます。

ぱそ
ぱそ

細かいものばかりだけど、グッとサイトの雰囲気が好みに近づくよね!

みつお
みつお

簡単にできるものばかりだからぜひ参考にしてください。

キャンプDIY

私たち夫婦がキャンプを始めて一年が経過しました。
一通り道具を揃えたものの、今ひとつサイトレイアウトに個性がないと感じていました。

個性=自分だけのなにか

人と違う何かを得るために、DIYに挑戦することにしました。

DIYという言葉が登場してしばらく経ちますが、私たち夫婦はキャンプと同じくらいDIYについても初心者。

多少の不安もありましたが、失敗も味
色々試してみて、自分たちのスタイルを考えることにしました。

初心者DIYで大切にしていること

とはいえ、闇雲に取り掛かってもうまくいかないことは明らかでしたので、いくつかルールを決めました。

① 安価な素材であること。
② 日曜大工程度の工具のみ使用。
③ 屋内でできること。

実際に、今回作ったものは全て100円ショップやホームセンターで購入してきました。
普段からコスパを意識していますが、とても満足感のあるキャンプギアたちです。

簡単に始められるものばかりなので、ご家族で作ってみても楽しいですし、お子さんの夏休みの宿題にいかがですか?

初心者でも簡単に作れるDIY6選

<おにやんまくん>

「おにやんまくん」画像撮影者:みつお

虫対策として注目されているおにやんまくん。
100均アイテムを使って簡単に作れちゃうんです。

普通に買うと1,000円以上と少しお高めですが、100均一アイテムを使えば大量生産できちゃいます。

<ゴミ箱>

「浮かせることで汚れにくいのが特徴です」画像撮影者:ぱそ

キャンプは飲み物を飲んだりご飯を食べたりと意外とゴミが出ます。
市販のゴミ箱はかっこいいけど高いし、汚すのは勿体無い。
100均のアイテムを組み合わせれば、おしゃれで簡単にゴミ箱が作れちゃいます。

機能性も意識しており、浮かせる設計なので底が汚れにくいのが特徴です。

<薪割り台>

「自分好みのウォルナット色に塗装も」画像撮影者:みつお

キャンプの醍醐味の一つが焚き火。
特にバトニングで薪を割ってフェザースティックを作るのはとても楽しいですよね。
自分だけの薪割り台があるととてもテンション上がりますよ!

<ガス缶カバー>

「おしゃれなクロスステッチに仕上げました」画像撮影者:みつお

こちらはレザークラフト。
剥き出しのガス缶がサイトに置いてあると、生活感が出てしまいます。
安価な合皮を使ったガス缶カバーがあれば、サイトレイアウトを引き締めておしゃれさがアップしますよ!

<コンテナ/クーラーボックス塗装>

「綺麗なブラックコンテナに」画像撮影者:みつお

最初に買ったコンテナ、サイトの雰囲気と合わなくなってきますよね。
買い直すと高いし、正直色以外は今のままでもとても気に入っている。

そんなあなたにお勧めです。
ちゃんと手順を踏めば簡単に塗装もできちゃいますよ!

<スパイスボックス>

「自分が使いやすいサイズで」画像撮影者:みつお

最後は、板材を使ったスパイスボックスをご紹介。

テーブルや椅子の色合いと合わせることで、サイト全体の雰囲気を纏めるのに一役買っています。
寸法も公開しているので、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

以上、DIY初心者でも簡単に作れるキャンプギアたちを紹介してみました。
一周するとより深くハマってしまうのが、キャンプ沼。

自分だけのキャンプギアを自分の手で作ってみませんか?
もっと、キャンプが楽しくなりますよ!

ぱそ
ぱそ

ぜひ、おためしあれ〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました